HOTELは踊る。華麗なリズムで。
NIPPO - HOTELS.COM
2013年(平成25年)











[沖縄関連]PR
石垣島のホテル情報
沖縄県石垣島の観光情報
石垣島のレンタカー一覧

齋藤信之さんが「第4回 食の都・大阪グランプリ」で優勝

ホテル日航大阪

ホテル日航大阪(ホテル所在地=大阪市中央区西心斎橋、総支配人=ジャンWマーシャル)内の日本料理「弁慶」の調理スタッフ齋藤信之(さいとうのぶゆき)さんは、2013年10月13日、辻学園調理・製菓専門学校にて開催された「第4回食の都・大阪グランプリ」(主催=「食の都・大阪」推進会議、事務局=大阪商工会議所・大阪府)の決勝大会において「和食・日本料理部門(応募総数66)」で見事、優勝した。

大阪出身の齋藤信之さんは、20年以上のキャリアをもつベテラン料理人。「食の都・大阪グランプリ」へのエントリーは初めてで、初回出場での優勝となった。

対象となった料理は、「蛸焼吸(たこやきすい)」。やや硬めの玉子豆腐の生地に蛸をしのばせ蒸し、お椀に盛り付け吸物出汁をはり、爪楊枝にみたてた干し子を添える。たこ焼きらしく紅生姜入りで風味がよい。「大阪と言えばたこ焼きというどちらかと言えば庶民的な大阪の代名詞的たこ焼きを、生まれも育ちも生粋の大阪もんである自分がこだわり、あえて発展させてみました」と話す。また「初参加、初決勝進出で優勝できるとは思っておらず、驚きました。これ(今回の部門優勝を)を励みに、一層精進していきたい」と語った。

尚、優勝を記念して「蛸焼吸」は、ホテル日航大阪 日本料理「弁慶」では、10月15日より昼会席(¥6,400税込サービス料10%別)や会席料理のお吸物として、また単品メニュー(¥1,350税込サービス料10%別)として提供する。

◎「食の都・大阪グランプリ」概要
主催は「食の都・大阪」推進会議。事務局は大阪商工会議所・大阪府が担当はする。「食の都・大阪」で育まれた食文化をふまえた上で現在進行形の“大阪らしさ”を料理、デザート、菓子で表現する場を設けることにより、大阪の料理人・パティシエ・菓子職人の研鑽・交流、新たな食文化の創出を目的とする。
あわせて、入賞者(店)・入賞作品を広報し、大阪の飲食業、食関係産業の振興、大阪への集客促進を図ることと、食材として大阪で生産された農林水産物、いわゆる大阪産(もん)の積極的活用を促進し、ブランド認知度の向上や生産、消費の増大を図ることを主旨に2010年よりスタートした。
第4回となる今回は、①和食・日本料理部門(応募総数66) ②洋食・西洋料理部門(応募総数90) ③中国・韓国・アジア料理部門(応募総数36) ④デザート・和洋菓子部門(応募総数37) の各部門事前書類選考を経て、各部門4名ずつで決勝大会が行われた。