HOTELは踊る。華麗なリズムで。
NIPPO - HOTELS.COM
2013年(平成25年)











[沖縄関連]PR
石垣島のホテル情報
沖縄県石垣島の観光情報
石垣島のレンタカー一覧

「東京マリオットホテル」としてリブランドオープン

森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社

森トラストグループは、東京都品川区の「御殿山ガーデンホテルラフォーレ東京」(経営=眼森トラスト株式会社、運営=森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社)を、外資系ブランド「東京マリオットホテル」として2013年12月にリブランドオープンすることで、マリオット・インターナショナル(本社=アメリカ・メリーランド州)と合意した。

「洗練されたテーラーメイド」をデザインコンセプトに設定。

森トラストグループは、「都市を託される責任」を経営理念に掲げ、東京都心部を中心に、時代のニーズに応える大型都市開発事業を展開している。その中核となるホテル事業においては、1970年代に創設した日本初の法人会員制倶楽部「ラフォーレ倶楽部」(第Ⅰステージ)をはじめ、「万平ホテル」「リーガロイヤルホテル」など国内有数の格式あるホテル事業者との提携(第Ⅱステージ)、「コンラッド東京」「シャングリ・ラ ホテル 東京」「ウェスティンホテル仙台」など一流のインターナショナルブランド誘致(第Ⅲステージ)など、時代に応じた多様なホテル展開を実施。その結果、蓄積できた経営ノウハウを融合し、現在、第Ⅳステージとして、新規ホテル開発、既存ホテルのハードリノベーション・ソフトイノベーションの積極展開など、戦略的なチャレンジを進めている。

現在、「ホテルラフォーレ東京」の位置する品川エリアは、国内外の交通の要所である立地特性を活かし、東京都による国際競争力強化のための数々の施策や、政府によるビジット・ジャパンキャンペーンなどと呼応した、国際都市機能のさらなる強化が望まれるエリア。

森トラストグループは、品川エリアの未来を見据え、国際ビジネス・観光拠点の創造を目指し、世界最大級の会員ネットワークと送客力を有するマリオット・インターナショナルのフラッグシップブランド「マリオット・ホテル&リゾート」を誘致することにした。

同ブランドは、マリオット・インターナショナルが運営する18のブランドの中でも、マリオットの旗艦ブランドとして、世界に最も数多く展開しているホテル。現代の、世界中を駆け巡る若いビジネス顧客層にも対応し、仕事と遊びすべてを充実させたいという要望にあった快適かつスタイリッシュなロビーや公共スペースを、マリオットのホスピタリティーと共に提供している。

なお、ラフォーレ倶楽部(ホテルラフォーレ東京会)の会員も引き続き利用できる形態とすることにより、ラフォーレ倶楽部とマリオットグループ双方の顧客ネットワークを活用した新たなホテルビジネスを展開するという。

今回のリブランドでは、マリオットブランドの持つ世界レベルの品質をベースに、江戸時代より桜の名所として親しまれ、明治以降は富豪の邸宅が多く築かれた品川・御殿山というロケーション特有の歴史と品格をホテル内で感じられるように、仕立て(Tailoring)、審美(Sophisticate)、追憶(Reminiscence)、自然美(Nature)、活気(Vibrant)、輝き(Dramatic)、快適さ(Comfort)という7つの要素をキーワードとし、ほぼ全館におよぶ改修を実施する。

ホテル全体としては「洗練されたテーラーメイド」をデザインコンセプトに設定。モダンでエレガントな空間へと生まれ変わり、2013年12月に「東京マリオットホテル」としてオープンする。