HOTELは踊る。華麗なリズムで。
NIPPO - HOTELS.COM
2013年(平成25年)











[沖縄関連]PR
石垣島のホテル情報
沖縄県石垣島の観光情報
石垣島のレンタカー一覧

ホテルに伝わる「伝統の一品」の味を紹介

ホテル日航大阪

ホテル日航大阪(ホテル日航大阪(所有=第一生命保険、アサヒプロパティズ[竹中工務店系]、経営=JALホテルズ[ホテルオオクラ系]、運営受託=:大阪日航ホテル、ホテル所在地=大阪市中央区西心斎橋1-3-3、総支配人=秋月清二)は、9月4日に開業30周年を迎えるが、3月1日よりスタートした30周年記念プロジェクトの第3弾として、ホテル直営の各店舗で開業以来、多くのお客様に特に親しまれてきたメニューをセレクトし、ホテル日航大阪「伝統の一品」としてコース又は単品メニューとして販売する。期間は初秋まで。
写真は、醤油を使って和風ティスト洋食の先駆けとなった「ビーフピラフ」

知る人ぞ知るホテル伝統の一品。

ホテル日航大阪の直営レストラン6店舗とバーラウンジ2店舗にはいずれも、初代シェフやバーテンダーのオリジナルレシピを代々継承した、根強い定番メニューがある。そのひとつがメインバー「夜間飛行」の店名を冠したカクテル「ボル・ド・ヌイ」。1984年の国際カクテルコンペティション技術部門で世界一を受賞したホテル日航大阪のバーテンダーがコンペティションで披露したカクテルで、ロマンティックな色と口当たりの良さが女性に人気。

一方、定番メニューに2代目、3代目シェフの創造性というスパイスが加わって、現代的なメニューに生まれ変わったものとして、フランス料理「レ・セレブリテ」の定番メニュー「フォワグラのテリーヌ」。3代目シェフ小西太郎はこのオーソドックスな一品を、クランブルクッキーやポートワインのゼリーとともにパフェに仕立て、目で楽しみ、食感で楽しむ新スタイルで提供している。

このほかにも、カフェレストラン「セリーナ」で、醤油をいち早く洋食に取り入れた、和洋コラボレーションの先駆けの一品「ビーフピラフ」。また、ティーラウンジ「ファウンテン」でサーブされる、どこか懐かしく優しい味わいの「ベイクドチーズケーキ」など、8店舗の定番メニューをラインナップした。

ホテル日航大阪では、こうした「本物の味」が多くのゲストに親しまれていくことを願っているという。


「夜間飛行」の店名を冠したカクテル「ボル・ド・ヌイ」

「レ・セレブリテ」の定番メニュー「フォワグラのテリーヌ」

どこか懐かしく優しい味わいの「ベイクドチーズケーキ」